プロフィール④音大受験と時間講師を経て

さて、

プロフィール編、

今回で最後です。

 

音大入学と現在について。

 

私が入学したのは、武蔵野音楽大学。

 

武蔵野音大を選んだ理由は、

習いたい先生がいたから。

 

受験対策を始めていた高校2年生の夏。

 

何気なく見ていた

大河ドラマのオープニングで

今までに聞いたことがない

柔らかく力強いトランペットの音が!

 

気になりつつも

そのままドラマが終わり、

そのまま

NHK交響楽団コンサートのテレビ番組。

 

確か、

海外公演で「展覧会の絵」だったかな?

 

そこでも聞いたことのない

トランペットの音色に感動して、

本当に衝撃でした!

 

すぐにパソコンで調べると

なんと同じ人が演奏していることがわかり

そのまますぐメール!

 

HPを通じて

「レッスンしてください!」と

メールでお願いします。

 

それからといえば

レッスンを受けに毎月上京。

 

今考えると、すごい行動力!

怖いもの知らず!(笑)

 

とにかく必死でした。

 

毎回、レッスンに付き添ってくれた母に

感謝です。

 

そして、無事に音大に入学。

 

刺激的な毎日でした。

 

トランペットアンサンブル

吹奏楽

オーケストラ

室内楽

 

たくさん演奏会に出演しました。

 

高校は芸術科で

吹奏楽などの合奏とは無縁でしたので、

少し遅い青春を過ごしたようでした。

 

卒業してからは、

フリーランスでトランペット演奏活動を続けます。

 

しかし、

スタジオでのレッスンや

演奏だけで生活するのが

卒業直後は厳しく

生活の為に大学在学中に取得した

教員免許を生かして

東京都の学校の

「非常勤講師」もしていました。

 

非常勤講師といっても

決められた学校にずっと勤務するのではなく、

 

正しくは「時間講師」で

 

産休や定年退職された先生の代わりに

音楽の授業だけ行って帰る

「毎週決まった時間に来る音楽の先生」でした。

 

様々な学校の講師を兼任していました。

 

1日に3校回った事もありました。

 

移動距離がもうすごい!!(笑)

 

 

今は、

時間講師のお仕事はしていませんが、

音楽の持つ力を実感する刺激的な毎日でした。

 

この経験が、

今のレッスンにも役立っています。

 

プロフィールの紹介はここまで。

 

どんな先生か興味を持って貰えたら嬉しいです。