withコロナ

お教室では、感染症対策の為に生徒の皆さんに手洗いや消毒をお願いしています。

 

最近では、私からお願いする前に皆さん当たり前のようにささっと手洗いに直行してくれます。


3歳の長男も、お出掛け先の入り口で親の私が何も言わなくても「シュッシュする!」と自ら消毒液をプッシュしに行くのが当たり前に。


感染症対策が当たり前になった今の生活様式にも少しずつ慣れてきました。


さて。


先日とても興味深い実験結果が公表されました。

 

クラシック音楽演奏・観賞にともなう飛沫感染リスク検証実験

 

残念ながら、管楽器で微粒子数が1番多かったのがトランペット。

 

ただ、前方に限るということ、そして2メートル離れると微粒子数がごく少数になるそうなんです。

 

この↑の結果が重要なんです。

 

「前方2メートル離れていれば感染リスクが上昇するリスクは低いと考えられる」という事は、前後の位置を考えることが重要ということ。


(多少は横との距離も必要ですが、飛沫はトランペットのベルの先からなので)

 

なんとな〜く、楽器演奏なんてとんでもない!


という雰囲気から、実際にどれくらいのリスクがあるのかを数値化してくれると、具体的な対策がとれますね。

 

♪YUKINA Music School♪では、レッスン時の生徒さんとの距離を以前と変えています。

 


6月からレッスンを再開した時からの配置です。


手前が生徒さんの使う椅子と譜面台、玄関から入って目の前のお手洗いで手洗いをして貰ったら、横の防音室入ってすぐの椅子でレッスン。  


外からの移動も最短距離に。


写真には映っていないのですが、防音室専用の換気扇もつけっぱなしで万全の対策をとっています。