お気に入り教則本

休業要請も少しずつ解除に向かっていますが、新学期の準備やお仕事の再開でバタバタと忙しくなり始めた方も多いのではないでしょうか?

 

この長期の自粛生活、何かと不自由な事が多かったと思いますが、こういう時の練習こそが成長のチャンスだと前向きに捉えて私も基礎練習を見直しました。

 

家にこもって後ろ向きになってしまう時にこそ、楽器を演奏する喜びを感じられる心の余裕を持ちたいですね。

 

さて。

 

今日は、私のお気に入りの教則本です。

 

それがこちら。

スクールバンドやブラスバンドの為の「朝練」シリーズパー他の楽器もそれぞれ出版されてますパー

私はこの教則本を高校生の頃から愛用してます。

 

表紙も英字はないし、なんだか初心者向けな雰囲気ですが。

内容が濃く、トランペットを演奏する為の基礎的なテクニックがこの一冊にまとめて書いてあります。

 

何がお気に入りかと言うと、楽譜の横に書いてある解説がわかりやすい!と言うこと。

 

トランペットを吹く時には、「無駄な力を抜いて吹くと高い音が出る」とよく言われますが、全身ヘロヘロに力を抜いては高い音なんか出ません。アセアセ

力を抜け!と言われて力抜くのって結構難しくないですか?

 

この教則本は、お腹のどこにどう息を入れるか…などの分かりやすいイメージが具体的に書いてあります。

 

難しい身体構造の図はなしにイメージが分かりやすく書いてあるので、私のレッスンでもこの教則本を抜粋して活用していますキラキラ

 

ただ、内容は「これ、全部で30分って結構キツくない?」と言う感じで、テクニックも初心者と言うより少し中級者向けアセアセ

なので、小学生や中学生のお子さんには、まずこの教則本!とは言わないので、「オススメ」ではなくあくまでも「私のお気に入り」

これは!と思う内容を抜粋して、それぞれの生徒さんに課題として出してます。

 

もう少しで6月。

学校の再開に合わせて自宅レッスン再開のお知らせも近々出来れば…と思っております。